広島県老人福祉施設連盟

menu

広島県老人福祉施設連盟とは

連盟について

ごあいさつ

利用者本位の福祉介護サービスを実現できるよう、全力で取り組んで参ります

県民の皆様には、平素から広島県老人福祉施設連盟につきまして格別のご協力を頂き、厚くお礼申し上げます。
この度、会長に就任しました山中康平と申します。
私が社会福祉の仕事を目指したのは幼い頃から足が不自由だった祖母が日常生活において不自由な状況を近くで見てきたことがきっかけでした。将来は障害があってもなくても同じ生活環境をつくれるような仕事がしたいと思ったのがきっかけでした。

私自身も介護現場で働いていましたが、介護に従事する職員は利用者の暮らしの継続ややりたいことを様々な技術、知識を用いて実現する専門的な仕事です。本連盟としても積極的に介護の仕事の魅力を伝えたいと思っております。

本連盟は老人福祉の向上発展等を目的として広島県内(広島市を除く)の社会福祉法人が経営する高齢者施設・事業所が加盟する組織であり、そのなかで中山間、島しょ部が所在地の施設・事業所も多く、少子高齢化の影響もあり人材確保や利用者の減少など様々な課題を抱えています。

そのような状況でも会員施設・事業所が利用者本位の福祉介護サービスを実現できる取り組みができるよう、利用者の真のニーズを把握し、多様なニーズに応えるサービスを提供するとともに、サービスの質の向上に取り組んでいくことができる活動を行うのが本連盟の役割だと思っています。

最後になりますが、私自身の福祉介護に対する情熱を傾け、全力で取り組んで参りますのでご支援とご協力をお願い申しあげます。

広島県老人福祉施設連盟 会長
山中 康平
広島県老人福祉施設連盟 会長 山中 康平

本連盟の目的と活動内容

本連盟の会員は、広島県内(広島市内を除く)に所在する老人福祉法に定める事業を行う社会福祉法人が経営する施設またはそれに準ずる事業所をもって構成し、入会には理事会の承認が必要です。
本会は会員相互の連絡調整を図り、老人福祉の健全な発展に寄与することを目的として、以下の活動を行っています。

  1. (1)会員相互の連絡調整及びその他の社会福祉施設団体との連携
  2. (2)施設の経営及び老人福祉に関する調査研究
  3. (3)国、県、市、社会福祉協議会、共同募金会及びその他の関係団体との連絡協議並びにこれらに対する陳情請願等
  4. (4)施設職員の資質の向上を図るため、研修会等の開催
  5. (5)広報に関する事業
  6. (6)その他、連盟の目的達成のために必要な事業
主な活動
1
提言・要望活動

介護・福祉に関する諸課題について、行政や各種団体と連携して活動するとともに、県社会福祉審議会等の社会福祉関連の主要会議に委員として参画し、積極的に提言活動を行っています。
また、制度・施策等について国や県等に対して現場の実態を訴え、より良い介護現場の実現のための要望活動を行っています。

提言・要望活動
2
普及・啓発活動 介護の日フェスタ

県民の皆さんに介護や高齢者への理解を深めてもらおうと、毎年11月11日(いい日いい日)の「介護の日」にちなんで行われる「介護の日フェスタin 広島」に出展しています。
また、介護関連のイベントや催しの後援を行い、普及・啓発に努めています。

普及・啓発活動 介護の日フェスタ
3
教育・研修活動

研修委員会や部会を中心に、介護現場のレベルアップを図るため、階層別、職種別、テーマ別に各種研修会を多数開催しています。また、各施設における取り組みを発表する場として、各ブロック単位で実践発表を行い、さらに、全体での研究発表大会を通じて優れた取り組みの普及に繋げています。

教育・研修活動
4
広報活動

「悟楽」と「老福の歩み」の2種類の紙誌を発行するとともに、ホームページを開設して、一般の方への情報提供、会員相互の情報共有を行っています。また、ホームページに投稿された写真による「ホームページ写真コラムコンクール」を開催し、介護現場の魅力を広く知っていただけるよう広報に努めています。

広報活動